XSERVERとwpXの違い【直接質問しました・比較表】

「どちらを選ぶべきか?」「乗り換えるべきか?」 ― 2つのサービスを比較表にまとめました。WordCamp2017に御出展のエックスサーバー様に、XSERVERとwpXの違いを直接質問致しました。丁寧に教えてくださいましたご担当者様へ感謝です。
Welcome
  • wpXはWordPressをより簡単に管理できる
  • XSERVERで運用中なら、wpXへ乗り換える必要はない
  • 迷ったらXSERVERが無難(ユーザー視点)

比較表

XSERVERとwpXのサービスを、特に重要な部分だけピックアップして、比較表にまとめました。

 XSERVERwpX(サーバー)wpX(クラウド)
最安プランX10-グレードA
12か月料金(円・税別)10001000500
SSD容量(GB)2003010
マルチドメイン101
備考36か月契約→900円/月WordPress特化高機能かつ最安
あくまでユーザー視点ですが、SSDの容量と管理できるWebサイトの数を考えますと、特にこだわりがなければ、XSERVERを選択した方が無難かなと思います。

XSERVERとwpXを選ぶ際のポイント

数あるレンタルサーバーの中から、エックスサーバーに興味をお持ちになる、あなたのような方は、サイト運営に勉強熱心で、既に何か成功を収めているか。成功のきっかけをつかんだか、あるいは成功を強く願う方だと思います。

エックスサーバーという選択肢は、そんなあなたにピッタリだと思います。

無料ブログや、格安サーバーで着火した「成功の種」を、どんどん広げていきたい場合には、間違いのない選択肢です。

ただ問題は、「XSERVER」か「wpX」のどちらを選ぶべきかということではないでしょうか?

2017年9月16・17日に東京・新宿で行われたWordPressのイベント「WordCamp Tokyo 2017」に、エックスサーバー様がご出展されていらっしゃいました。そこで、直接、質問させて頂きました内容を交え、選ぶべきポイントを整理しました。

wpXはどんなサービスか?

WordPressに特化して、簡単に導入・管理することができるサービスです。

XSERVERと違う点は?

WordPressをより簡単に導入・管理できる点です。(インフラ面の違いはほとんどないようです。)

XSERVERで運用中の場合、wpXサーバに乗り換えたほうがいいか?

wpXサーバはWordPressの運用に特化しているため、もし、何か別のことをされる場合にはXSERVERのままをお勧めします。(個人的な解釈ですが、WordPressだけに対象を絞り、管理負担をスケールダウンさせるような目的でない限りは、敢えて乗り換える必要性はなさそうです。)

まとめ

当サイトも、XSERVERを利用させて頂いておりまして、気になっていたことでしたので、直接質問させて頂きました。(よくある質問の一つだそうです。)

容量の多さ、複数サイトの運営など、将来の拡張性を考えますとXSERVERのほうがお手頃のような気がします。XSERVERにも、WordPressの簡単インストール機能がついていまして、ほとんど困ったことがありません。(唯一、WordPressのマルチサイト化をしようとしたときに、設定がわからなかったことがありましたが、それも解決できました。当サイトには、貧弱な英語版がございます。)

SEO白書としては、どちらか1つを選ぶとしたらXSERVERをお勧めします。wpXは、最高の環境の中でスタートしたいけれど、WordPressの初期設定がどうしても苦手という方に限定してお勧めします。

また、どちらでも大概のことはできますし、WordPressでしたらサーバ移転もできます。心配しすぎる必要はありません。

無料のお試し期間もありますので、まずは体験してみることをおすすめします。