Cloudflareの使い方【無料CDNでWebをラクラク高速化】

CloudflareはCDNと呼ばれるWebページを高速化できるサービスです。ほとんどのサービスが有償ですが、Cloudflareは無料で利用することができます。設定はとても簡単ですが、SSLサイトでは少しだけ戸惑うかもしれません。このページではCloudflareの使い方について説明します。
Welcome
  • 1アカウントで複数サイト登録可能
  • ドメイン管理サイト(お名前.comなど)でネームサーバーを変更
  • SSLサイトの場合、若干コツが必要

Cloudflareとは?

Cloudflareとは、Webを高速化できるCDN(Content Delivery Network)と呼ばれるサービスです。

参考 CloudflareCloudflare

CDNとは、世界中にあるWebサーバーにWebサイトをあらかじめ配信しておいて、近くのサーバから情報をダウンロードしてくるようなサービスです。

多くの場合、CDNを経由するとWebが高速化されます。専門家でなければ、このような雑な理解で大丈夫だと思います。それでは、早速Cloudflareの使い方について説明していきます。

Cloudflareの使い方

Cloudflareは、概ね以下の手順で使います。

チェックポイント
  • ユーザー&サイトを登録する
  • ネームサーバーを変える
  • SSLの設定を変える

ユーザー&サイトを登録する

まずは、ホームページからユーザー登録をします。右上の「Sign up」からユーザー登録をしてください。

メールアドレスは後から変更できます。また、1アカウントで複数サイトを管理できますので、代表アドレスでいいと思います。

引き続き、サイトを登録します。もし、サブドメイン(sub.main.com)でサイトを運用している場合は、メインのドメイン(main.com)で登録することになると思います。

画面の指示どおりに進めていきます。

「Free Plan」を選びます。

Cloudflare側の設定が動き、ドメインが登録されたことを確認します。

ネームサーバーを変更する

引き続き、画面の指示に従って、現在使っているネームサーバーを、Cloudflareのものに変更します。画面に表示された新しいネームサーバーをコピーしておいてください。

「お名前.com」や「ムームードメイン」などのドメイン管理サイトで、ネームサーバーを変更します。以下は、Namecheapというドメイン管理サイトでの変更例です。

以下のように、CloudFlareで指示されたネームサーバーに変更します。

ネームサーバーの変更がうまくいくと、以下のようにアクティブになります。

MEMO
もし、G Suiteなどを利用しているなど、DNSに各種設定をしている場合は、併せてCloud Flareに移植してください。

SSLの設定を変える

もし、httpsから始まるSSLサイトを運営している場合は、もう少しだけ作業が必要です。以下のような画面が出て、ホームページが表示されない可能性があるからです。

上記のような画面が出てしまう場合は、以下のようにCryptoを選んでください。

そして、SSLの設定を「Full(Strict)」に変更します。

MEMO
もしうまくいかない場合は、一旦、ネームサーバーを以前の状態に戻してください。そして、改めて「Full(Strict)」の設定をし、改めてCloudflareのネームサーバーに変更してみてください。何度か作業しているとSSLが正しく読み込まれてうまくいきます。

最後に、Whois情報を確認できるサイトで、ネームサーバーが切り替わっているか確認します。

これで、作業終了です。

Cloudflareの効果

当サイトのCloudFlareを導入する前と導入した後のスピードテストの結果を示しました。明らかにCloudFlareを使った方が読み込み速度が速くなっています。

導入前

当サイトは、エックスサーバーでWordPressを運用しています。また、デザインを重視したSANGOというWordPressテーマを利用し、キャッシュ系プラグインは利用していません。Cloudflareを導入する前は、少しもっさりとした印象がありました。

導入後

Cloudflareを導入した後は、2秒ほど読み込み速度が速くなりました。サイトを閲覧しても明らかに変わったとわかりました。

まとめ

Cloudflareとは、Webを高速化できるCDNというサービスです。簡単に導入できて無料です。画像を圧縮したり、スクリプトを圧縮してみて、それでもまだ高速化されない場合は、試してみる価値は十分あります。WordPressのようなCMSを利用している場合にはお勧めのWebの高速化法です。