源真ゴシックのインストール・使い方【げんしん】

源ノ角ゴシックがOTFに対し、源真ゴシックはTTF。埋め込み資料に大活躍です。源ノ角を見やすく改良。WindowsやMacに標準搭載されることがあれば完璧です。フリーで使えるきれいなゴシック、おすすめです。Google Noto Font派生、自家製フォント工房様制作です。
Welcome
  • 美しさ
  • 価格
  • 使い勝手
4.7

ここがイイ!

「源ノ角ゴシック」は、「Google Noto Font」の中の「Source Han Sans」の中の日本語部分のフォントの名称です。とてもきれいですが、OTF形式なので資料の埋め込みには利用できませんでした。それを改善したのが「源真ゴシック」です。

「源真ゴシック」のレビュー

基となる「源ノ角ゴシック」を作ってくださった、Google様、Adobe様、そして、「源真ゴシック」という形で汎用的に利用できるようにして下さった自家製フォント工房様へは感謝の気持ちをお伝えしたいです。

「源真ゴシック」がなければ、幾度となく襲われたピンチを乗り越えることはできませんでした。

どういうピンチだったかと言いますと、速攻できれいなポスター・パンフレットを作ることになったピンチです。通常のドキュメントでは「メイリオ」で十分ですが、ポスターで「メイリオ」は素人さが出てしまいます。Adobeのフォントは埋め込めず、困り果ててたどり着いたのが「源真ゴシック」でした。

突貫工事で作ったポスター・パンフレットでしたが、印象はとても良かったです。

やはりフォントの持つ力は偉大です。

「源真ゴシック」のインストール

源真ゴシックは、自家製フォント工房様のサイトからダウンロードできます。

パソコンへのインストール方法は、一般的なフォントと同様です。

Webサーバへインストールする方法は、以下の記事をご参照ください。

Webフォントの設定【サーバにフォントをインストール】

「源真ゴシック」の使い方

「源真ゴシック」の唯一の弱点が、WindowやMacなどの標準フォントではないという点です。(他のフリーフォントも大概そうなのですが・・・)

なので、SEOの観点では、「源真ゴシック」は、画像や資料作成に使い道を限定し、Font-FamilyはNoto Fontを利用するのがいいと思います。

【No more Tofu】Google Noto Fontの使い方

まとめ

ビジネスなどの余計な装飾が不要なときに、源真ゴシックは役に立ちます。特にTTFフォントという点が大きいです。非常に利用価値が高いので、インストールをおすすめします。

一方、Webサイトでは、キャッシュされている可能性が高い「Noto Font」のほうがいいと思います。画像の文字などに限定した使い道をお勧めします。