Schema【WordPressテーマ・きままにレビュー・日本語】

  • 内部SEO
  • 導入のやさしさ
  • カスタマイズ性
  • デザイン性
  • 価格
3.8
MythemeShopのWordPressテーマ「Schema」は、内部SEOで最強テーマの1つです。とにかく高速です。「Genesis Framework」「Luxeritas」と匹敵し、デザイン性も高いことが特長です。年間ライセンス契約という部分に抵抗感がなければお勧めです。
Welcome
  • SEOは最強
  • 導入は簡単
  • ライセンス料に抵抗感がなければおすすめ

概要

MythemeshopのWordPressテーマ「Schema」のご紹介です。一通り、ご覧頂けますと内容はご理解いただけるかと思います。

レビュー

マルチバイト言語に対応

WordPressの中にはグローバル対応が不十分なものもありますが、「Schema」はあまり心配はいりません。アラビア語のように「右→左」を辿るような言語にも対応しています。基本メニューは英語ですが、「My WP Translate」という無料のプラグインを導入すると、簡単に日本語化することはできます。ただ、正直なところ、完璧な対応は難しいため、以下の点が気になるようでしたら、別のテーマをおすすめします。

日本語か対応が難しい箇所
  • 公式プラグインの日付表示
  • RSSにおける日本語対応(当サイトはYoastから取得して対応
  • 日本語のfont-familyの設定(CSS解析+子テーマ要)
  • デフォルトのソーシャルブックマークに日本ではお馴染みのもの(はてな、LINE)がない

クイックスタートにおすすめ

「Schema」をはじめとするmythemeshopのテーマは、以下のような設定メニューがあります。

この設定メニューをきちんと設定していけば、SEOに非常に優れたサイトが簡単に出来上がります。「SEOのいろは」を知るという点では非常に優れたテーマです。

とにかく高速

Schemaはページ読み込み速度がとにかく高速です。この点だけでも非常に価値があります。SEOで最強のテーマは「Luxeritas」「Genesis Framework」だと思いますが、「Schema」もこれらのテーマと匹敵する非常に高速なテーマです。ページの読み込み時間が遅くなるようなものをなるべく後から読み込ませるようにソースコードが工夫されています。「Luxeritas」「Genesis Framework」と比較して、デザイン性が高いことも特徴です。おそらく最も簡単に内部SEOとUIを両立させることができるテーマです。

毎年の課金体制がお財布には厳しい

販売価格が59米ドル、ライセンス更新に毎年45米ドルかかります。しっかりとしたサポート体制のあるテーマですのでおすすめですが、どうしてもある程度の閲覧数がなければランニングコストがかさばってしまうという点も注意が必要です。

MyThemeShopからしばらく買うのはやめます【2017年秋】

まとめ

「Schema」はSEO的には非常に高速なテーマで、導入も簡単です。一方で、毎年ライセンス料がかかるため、ある程度ボリュームのあるサイトにならなければランニングコストがかかってしまいます。ですが、この点に抵抗感さえなければ「Schema」は、「Luxeritas」「Genesis Framework」よりも簡単でおすすめです。lite版もありますので、デザイン性、カスタマイズ性などを、まずはlite版でお試しされることをおすすめします。